誰でも気軽に利用できる公共の宿
ホーム ◆宿舎一覧

 
 
 
   

 

 
 
施設概要
客室
温泉
自慢料理
利用料金
交通案内
観光レジャー
予約方法
         ぼうようそう
雲仙市営  望洋荘

 海の天然温泉・小浜温泉(食塩泉) 露天風呂・各部屋から眺める夕日が素晴らしい!

登山  

電話 0957-74-3141
住所 〒854-0513 長崎県雲仙市小浜町南本町10
HP
http://www.city.unzen.nagasaki.jp/info/prev.asp?fol_id=13464
 雲仙岳の西山麓にある小浜温泉は歴史も古く、風光明媚な橘湾を一望する海辺の温泉。豊富な湯量と身体の暖まる泉質は、子宝温泉ともよばれ、国民保養温泉に指定されています。宿舎は橘湾の波の音を聞く海岸に位置しています
◆施設概要
宿泊定員 100名/鉄筋3階建
利用時間 チェックイン16:00、チェックアウト10:00
館内設備 大広間2、中広間3、会議室1、カラオケボックス、ゲームコーナー
駐車場 35台収容
◆客室
和室
21室
温泉
小浜温泉


泉質
ナトリウム・塩化物泉
効能
神経痛、リュウマチ、貧血、慢性婦人病、動脈硬化症など
浴場

大浴場(ジェット・泡風呂)
露天風呂(男女各2)
滝湯
家族風呂2

日帰り入浴
午前7時30分〜午後5時30分まで

大人540円
小人270円


※入浴のみは午後9時30分まで可

大人324円
小人161円
◆自慢料理

 新鮮な海の幸が中心で、橘湾でとれるタイ、ヒラメ、タチ、イカ、サザエ、アワビなど種類も豊富

 特別料理/てぐり網でとったさまざまな魚介類を盛りつけた、てぐり料理(4〜5人前)18,360円

 会席料理 3,240円〜(要予約)

 ※ 特別会席料理(5,400円〜)

◆ご利用料金
1泊2食付き
平日
休前日
夏期
大人
6,954円〜
6,954円〜
6,954円〜
小人
6,156円〜
6,156円〜
6,156円〜
 ※ 年末年始は特別料金
◆交通案内
電車
JR長崎本線「諌早」駅 → 島原鉄道バス「雲仙・小浜方面」行き → 「小浜バスターミナル」下車(54分) → 宿舎へは徒歩15分 ※ タクシーなら3分
お車
長崎自動車道「諌早」IC → 国道34号線 → 国道57号線経由(35km)
◆観光・レジャー情報
小浜温泉 小浜温泉の新名所、日本一長い足湯「 ほっとふっと105 」。夕暮れの一面オレンジ色に染まる時間に、沈む夕日を眺めながら浸かる足湯は、とても贅沢な気分にさせてくれます

【ほっとふっと105へは徒歩12分】
とけん山
公園
小浜温泉街を一望できる桜の名所です。桜の時期には夜桜見物が楽しめます【徒歩16分】
雲仙天草
国立公園
湯けむり漂う雲仙岳と、島々連なる天草が織り成す“水陸の大展望”を有す、世界的に有名な国際観光地です【車で20分】
旧鍋島家
住宅
佐賀藩神代領の陣屋跡を中心とした神代小路地区は、時が止まったかのような美しい街並みが現存します。なかでも「 旧鍋島家住宅 」は、長屋門や蔵など、敷地内の建物のほぼすべてが国指定重要文化財です【車で38分】
諫早公園

戦国時代に築かれた高城跡で、公園一帯は「 諫早市城山暖地性樹叢 」として国指定天然記念物に指定されている数十種の暖地性植物に覆われた緑豊かな丘陵地です
また公園内には「 眼鏡橋 」もございます【車で38分】

 ※ 最寄りの「諫早」駅からは徒歩14分です

島原城 「 天草四郎 」率いる「 島原の乱 」の舞台で有名です【車で50分】
海水浴 千々石海水浴場、加津佐海水浴場ほか【車で30分以内に4か所】
◆予約方法
電話受付
4ヶ月前の午前8時30分より受付
年末年始は、9月1日〜30日まで往復ハガキで抽選
インターネット予約
宿舎のホームページから可>HPへ
地図から探す
>北海道・東北
>関東・甲信越・静岡
>東海・北陸・近畿
>中国・四国
>九州

 
 
 
 

 誰でも気軽に利用できる公共の宿

 
 
ホーム ◆宿舎一覧 ◆情報公開 ◆入会のご案内    一般社団法人国民宿舎協会  ※ 当協会ホームページへのリンクは許可が不要です。